ナスミートグラタン、私が教わりたかった料理、母の味

おふくろの味、とよく耳にしますが、私の中ではおふくろの味とは、和食のイメージでした。だけど実際、私が母の作ってくれた料理の中で好きな味の料理は、洋食のものでした。それに気づいたのは、専門学校に進学するために一人暮らしをし始めた時のことです。最初はいろいろな料理にチャレンジしてみましたが、自分の料理のレパートリーではある時限界がきました。そんな時、母の料理のあの味はどうやって作るんだろう?と気になったのです。そこで私は、すぐに母に電話をしてレシピを聞きました。いくつかの料理のレシピを聞きましたが、その中で簡単で、一番多い回数作っている料理があります。それは、ナスミートグラタンです。用意するものは、豚ひき肉か、または合挽き肉。そしてナス。あとはにんじんと玉ねぎです。

まずナスとにんじんと玉ねぎをみじん切りにします。歯ごたえが少しあるぐらいの方が好きな人は、少し粗めのみじん切りにした方が、食感を残せます。そして、ひき肉には塩コショーをします。そのあと、全てをフライパンで炒めていきます。そして炒まってきたころに、調味料を入れるのです。その調味料は、コンソメ大さじ2分の1、ウスターソース大さじ1、ケチャップ大さじ1、酒大さじ1、砂糖大さじ1と二分の一、醤油大さじ1です。すべての調味料をいれたら軽く混ぜ合わせて、混ぜながら煮詰めていきます。そして煮汁が煮詰まったら火を止めます。それを、グラタン容器に入れて、その上にとろけるチーズをのせて、トースターでチーズか溶けるまで焼きます。これで完成なんです!すごく簡単で、しかもおいしくて野菜も取れて、私にとっては大好きな、母の味の、ナスミートグラタンです。